”和製”バイリンガルへのロードマップはこちら

【What】と【How】の違いは?具体的な使い方も解説!

こんにちは!

ゆた(@yuta_lifeplan)です!

このブログでは、英文法に関する役立つ情報を配信しています!

今回のテーマは「WhatとHowの違い」です!

「”What”と”How”の違いって、具体的に何?どう使い分けるの?」

ゆた

この記事を書いた人

ゆた

TOEIC満点ホルダー。大学卒業までは英語が大の苦手(TOEIC365)。一念発起して勉強を始める。3ヶ月で930。英語の魅力にはまり3年で990達成。子ども達も完全"和製"バイリンガル。現役パイロット。FP1級。

英語を学ぶ上で、「what」と「how」の違いについての混乱はよくあることです。

これらの単語は、日常会話からビジネスシーン、教育の場まで、幅広く使われていますが、正しい使い方を理解するのは意外と難しいものです。

この記事では、「what」と「how」の基本的な違いから、具体的な使用例、さらにはこれらの言葉がコミュニケーションに与える影響まで、わかりやすく解説しています。

英語の質問文を使いこなすことで、あなたのコミュニケーション能力は格段に向上するでしょう。

さあ、”what”と”how”の違いをマスターして、より効果的なコミュニケーションを目指しましょう!

\隙間時間にさらっと学習!/

※みんなが選ぶ大人の英語学習アプリ

目次

WhatとHowの基本的な違い

WhatとHowの基本的な違いについて解説します。

① 意味と基本用法

“What”と”How”は、英語の疑問文でよく使われる単語です。

“What”は「何」を意味し、具体的な物事や情報を尋ねる際に使用されます。

例えば、

「What is your name?」(あなたの名前は何ですか?)

という質問は、相手の名前という具体的な情報を求めています。

一方で”How”は「どのように」という意味で、方法や状態、程度を問う際に使われます。たとえば、

「How are you?」(お元気ですか?)

と尋ねるときは、相手の状態や気持ちを知りたいときに使います。

② 文法的違い

“What”と”How”の文法的な違いは、主に尋ねる情報の種類にあります。

“What”は名詞や名詞句を尋ねるのに対し、”How”は副詞や形容詞の情報を求めます。

例えば、

「What color is your car?」(あなたの車は何色ですか?)

では、色という名詞を尋ねています。

一方、「How fast can you run?」(どれくらい速く走れますか?)

では、速さという副詞的な情報を求めていますね!

③ 質問文の使い分け

“What”と”How”の使い分けは、尋ねたい情報の性質によって異なります。

“What”は具体的な事物や情報に焦点を当て、”How”は方法や様態に注目します。

例えば、

「What do you do?」(あなたの職業は何ですか?)

と尋ねるときは、職業という具体的な情報を得たい場合です。

一方で、

「How do you do your job?」(どのように仕事をしますか?)

と尋ねるときは、仕事の進め方や方法に興味がある場合です。

④ 疑問文例

“What”と”How”を使った疑問文の例をいくつか挙げてみましょう。

“What time is it?”(今何時ですか?)

は時間という具体的な情報を尋ねています。

一方で、

「How old are you?」(あなたは何歳ですか?)

は年齢という情報を得るために使われます。

これらの例から、”What”が「何」という具体的な内容を、”How”が「どのように」という方法や状態を問うことがわかりますね!

ゆた
このセクションでは、”What”と”How”の基本的な違いと、それらがどのように使われるかを見てきました。

WhatとHowの応用的な使い方

WhatとHowの応用的な使い方について掘り下げていきます。

① 日常会話での使用

“What”と”How”は日常会話で頻繁に使われます。

“What”は日常的な情報収集に、”How”は感情や状態の確認に役立ちます。

例えば、

「What are your plans for the weekend?」(週末の予定は何ですか?)

と尋ねることで、相手の予定を知ることができます。

一方、

「How was your day?」(今日はどうでしたか?)

と尋ねることで、相手の日々の感情や経験について話を聞くことができますよ!

② ビジネスシーンでの使い分け

ビジネスシーンでは、”What”と”How”の使い分けが非常に重要です。

“What”は目的や結果を、”How”はプロセスや方法を尋ねるのに適しています。

例えば、

「What is our target for this quarter?」(今四半期の目標は何ですか?)

と尋ねることで、具体的なビジネス目標を明らかにすることができます。

一方で、

「How will we achieve our target?」(どのようにして目標を達成しますか?)

と尋ねることで、目標達成のための戦略や方法について話し合うことができますね!

③ 教育的文脈での活用

教育の場では、”What”と”How”を使って、学習内容や方法を探求することができます。

“What”は知識や事実を尋ねるのに、”How”は理解や応用を深めるのに役立ちます。

例えば、

「What is the capital of France?」(フランスの首都は何ですか?)と尋ねることで、基本的な地理の知識を確認することができます。

一方で、

「How does this theory apply to real-world situations?」(この理論は実世界の状況にどのように適用されますか?)

と尋ねることで、理論を実際の状況に応用する方法について考えさせることができますね!

④ 質問のバリエーション

“What”と”How”を使った質問のバリエーションを理解することは、コミュニケーションの幅を広げるのに役立ちます。

“What”は具体的な事実や情報を得るために、”How”は意見や感想を得るために使われます。

例えば、

「What do you think about this idea?」(このアイデアについてどう思いますか?)

と尋ねることで、相手の意見や考えを聞くことができます。

一方で、

「How would you improve this project?」(このプロジェクトをどのように改善しますか?)

と尋ねることで、具体的な改善策やアイデアを得ることができますよ!

ゆた
このセクションでは、”What”と”How”を日常会話、ビジネスシーン、教育的文脈でどのように応用するかを見てきました。

WhatとHowの具体的な使用例

WhatとHowの具体的な使用例を見ていきましょう。

① 情報問い合わせのWhat

“What”を使った情報問い合わせの例を見てみましょう。

“What”は具体的な情報や事実を尋ねるのに適しています。


女性
“What is the main ingredient in this dish?”
(この料理の主要な材料は何ですか?)
男性
“It’s chicken.”
(それは鶏肉です。)

② 方法尋ねのHow

“How”を使った方法の尋ね方の例を紹介します。

“How”はプロセスや方法に関する質問に最適です。


女性
“How do you make this cake?”

(このケーキはどうやって作るのですか?)

男性
“First, mix the flour and sugar.”

(まず、小麦粉と砂糖を混ぜます。)

③ 複合的質問

“What”と”How”を組み合わせた複合的な質問の例を見てみましょう。

これにより、より深い情報を得ることができます。


女性
“What do you think about this plan and how can we implement it?”

(この計画についてどう思いますか、そしてどのように実行できますか?)


男性
“The plan is good, but we need more resources to implement it.”

(計画は良いですが、実行するためにはもっとリソースが必要です。)

④ 日常生活での使い分け

“What”と”How”は日常生活での会話においても使い分けることが重要です。

“What”は具体的な情報を、”How”は方法や感じ方を尋ねるのに使います。


女性
“What are your hobbies?”
(あなたの趣味は何ですか?)


男性
“I enjoy painting and cycling.”
(私は絵を描くこととサイクリングが好きです。)

⑤ 職場での使用例

職場での”What”と”How”の使用例を見てみましょう。

これらの質問は、職場でのコミュニケーションを円滑にします。


女性
“What is the deadline for this project?”
(このプロジェクトの締め切りはいつですか?)


男性
“It’s next Friday.”
(それは次の金曜日です。)

⑥ 教育現場での使い方

教育現場では、”What”と”How”を使って、学生の理解を深めることができます。

これらの質問は、学習内容の確認や応用を促します。


女性
“What did you learn from this experiment?”
(この実験から何を学びましたか?)


男性
“I learned about chemical reactions.”
(化学反応について学びました。)

ゆた
このセクションでは、”What”と”How”の具体的な使用例を通じて、これらの質問がどのように実際の会話で使われるかを見てきました。

WhatとHowの違いを理解してコミュニケーションを深める


WhatとHowの違いを理解することで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

① コミュニケーション効果

“What”と”How”の適切な使い分けは、コミュニケーションの効果を大きく高めます。

“What”は情報を収集し、”How”は理解を深めるのに役立ちます。

例えば、

「What are the facts?」(事実は何ですか?)

と尋ねることで、議論の基礎を築き、

「How do we interpret these facts?」(これらの事実をどのように解釈しますか?)

と尋ねることで、より深い分析や理解につながりますよ!

② 相手への印象

“What”と”How”の使い方は、相手に与える印象にも影響を与えます。

“What”は直接的で具体的な情報を求める印象を、”How”は探究心や理解を深めたいという印象を与えます。

例えば、

「What is your opinion?」(あなたの意見は何ですか?)

と尋ねることで、相手の考えを直接的に求めることができ、

「How did you come to that conclusion?」(どのようにしてその結論に至りましたか?)

と尋ねることで、相手の思考プロセスに興味を示すことができますよ!

③ 効果的な戦略

“What”と”How”を効果的に使うことは、コミュニケーション戦略の重要な部分です。

これらの質問は、相手との関係を築き、深めるのに役立ちます。

例えば、チームミーティングで

「What are our goals?」(私たちの目標は何ですか?)

と尋ねることで、チームの目的を明確にし、

「How can we achieve these goals?」(どのようにしてこれらの目標を達成できますか?)

と尋ねることで、具体的な行動計画を立てることができますね!

ゆた
このセクションでは、”What”と”How”の違いを理解し、それをコミュニケーションに活かす方法を探りました。

まとめ|「What」と「How」を使い分けてコミュニケーション力アップ

単語意味使い方
What具体的な物事や情報を尋ねる
Howどのように方法や状態、程度を問う

この記事では、「what」と「how」の基本的な違いから、日常生活やビジネス、教育の場での応用的な使い方、さらにはこれらの言葉がコミュニケーションに与える影響について詳しく解説しました。

正しい使い分けを理解し、実践することで、あなたのコミュニケーション能力は確実に向上します。

日々の会話やビジネスシーンでのコミュニケーション、さらには英語学習においても、「what」と「how」の違いを意識して使いこなしましょう。

\隙間時間にさらっと学習!/

※みんなが選ぶ大人の英語学習アプリ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次